2007/09/25

新・環境処理機

新・環境処理機
シェフです。
新しい生ごみ処理機を購入しました!
今までのは故障をし、メーカーの修理見積もりは予想以上の金額だったので決意しました。
静か!音がしない。
臭わない!
早い!しかも省エネ。
さすが最新式!今まで使ってたのは何だったんだろう。なんて思うくらい技術の進化はすごい。あらためて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

アイドリング・ストップ②

自称エコロジストだけど。
アイドリング・ストップ(エコ・ドライブ)したときの燃費向上についてなんだけど。ちょっとまとめてみた。
①暖気はしなくてよい。
昔のキャブレター車ならともかく、冬場でも油温計が上がってくるまで30㎞/hくらいで走ればいいらしい。実際エコロジスト(自分)の車は9年たつけど、全然問題なく走る。
②急発進、急加速はしなくてよい。
発進時0km/h→20km/hを5秒くらいで走ればベストだと思う。これより早過ぎても、遅すぎても、燃費向上は望めないだろうが意外と速く感じる。
③信号機が赤で停止中、エンジンを切るほうがよい。
5秒以上アイドリング・ストップすれば立派なエコ。もちろん信号機が見えるのが大前提だが、もし渋滞で信号機が見えなくても4〜5台前の車が進み出したら、エンジンをかければ間に合う。
交差点内や、初めて通る道路の信号機、トラックなどで前が見えない時はなるだけ避ける。
エコロジストも最初なれるまでは緊張したけど、今ではいかにギリギリまでアイドリング・ストップ出来るか楽しみながらやっている。ただしエアコン、オーディオは一度電源オフにしてからエンジンをかけないとバッテリがあがりやすいので注意。
「エアバックがエンジン停止時には作動しない。」というメーカーもあるみたいなので、メーカーに確認した方がいいかもしれない。
④エアコンはできるだけつけない。
真夏でも朝、夕方は窓を開ければかなり涼しいし、クーラー病になりにくい。うちわや扇子などの小道具を使うのもいい。
「夏は暑いのは当たり前。」でも、あまりにもの時は適材適所で付ければいい。
この時期、乗車する際かなり暑い!でも助手席の後の窓だけを開け、運転席のドアを4〜5回ある程度勢いよく閉めて熱を逃がせば外気とあまり変わらない。
⑤ダウンヒル(下り坂)はブレーキを多用しない。
オートマチック車でもギアをDレンジ(ドライブ)から一速下げる。
もう少し細かく言うと、2000ppm(回転)以上のエンジンブレーキをかけるとガソリンの供給が止まるようにできているらしい。

これでエコロジストの車は以前と比べ10%〜25%燃費向上に成功した。
ガソリン代に例えると最近\130/lくらいかな、だとすると\13〜\33お値打ちになる。
\1、\2安いだけで遠いガソリンスタンドに通っていた時期もあった。今思えばあの頃はエコロジストではなかった・・・。
けど、車に限らず、何でもいい、
『環境のために(次世代のために)と考えて少しでも行動する。』これがエコロジストじゃないかな。
環境のため=自分の体のためでもあると思う。
あまりにも一度にたくさん無理をしてやめるより、自分のやり方で持続することに意味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

アイドリング・ストップ①

自称エコロジストだけど。
「アイドリング・ストップ」最近この言葉をよく耳にするけど、
外国では30秒エンジンかけっぱなしだけで罰金、なんてところもあるくらい二酸化炭素を減らそうと国をあげて努力しているけど、
日本はどうなんだろうか?
実際、「環境問題」だけじゃないんだよね。
ハイブリッドカーに乗っているならともかく、一般的な車で「アイドリング・ストップ」すると、3つのいいことがあると思う。
1もちろん環境にいい。
2自分も環境問題に取り組んでいるという認識があり、気分がいい。
3燃費がいい。
次回はこの「燃費がいい」についてもう少し掘り下げてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/07

身体のために、地球のために。

自称エコロジストのシェフです。
『温暖化で2020年ごろにも予想される気温上昇によって世界全体で水不足に悩む人口が数億人。平均気温の上昇が2〜3度以上になると、全地域で損失が大きくなる。』
IPCC報告書を採択。
かなりショッキングなニュースが昨日入ってきました。
行き着くところは、いかに身体を守るのか?身体が喜ぶことやいたわるということとは、すなわち
地球環境が喜ぶことやいたわることなんだ。と。
農薬、化学肥料、養殖等に使用される抗生物質、洗剤やシャンプー等に使用される合成界面活性剤。
その他いろいろあると思いますが、
今一度、身体のためにと思いながらしていることが環境のためにもなっているんだったら、もっと率先していかなくては・・・、
とつくづく思い知らされたニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

自然農法

シェフです。
奇跡のリンゴ 自然栽培リンゴの生産者
木村秋則さんが
NHKの「プロフェッショナル 〜仕事の流儀〜」
で特集されます。

日時 12月7日 木曜日 22:00〜22:44

奇跡のリンゴの木村さん。
どん底を潜り抜けてきた底抜けの明るさと笑顔。
木村さんの人柄と実績によって自然栽培を始めた農家もたくさんいる。

不可能といわれる無農薬のリンゴ栽培を可能にした人だ。

その圧倒的な自然観から無肥料、自然栽培のリンゴ作りに取り組んだ
半生は農業者のみではなく、生きとし生けるものの心を打つ!

あなたの中にある自然観を開くきっかけが見つかるかもしれません。
少なくとも自然とともに生きる人の生き様に
茂木さんを含めたキャスターは涙が止まらなかったようです。

人が涙をするのは潜在的共感があるから。

あなたの中の自然を取り戻すためにも
ぜひ見てください!

第35回 2006年12月7日 放送予定 22:00〜22:44
奇跡のりんごは愛で育てる
〜農家・木村秋則〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

自然農法

自然農法

シェフです。
夏の終わりから皆で作った畑で採れた野菜です。
「あぐりーも」さんの助言もあり、化学肥料や農薬を使わずしてこんなに立派な野菜が出来上がりました。
自分達で無農薬野菜を作ってみて、あらためて自然の大切さを教えられました。
この無農薬野菜をランチでもお召し上がりいただいてます。
和伊菜で食したり、ブログてご覧になられて「無農薬野菜を作りたい。」と思ってくれる方が少しでも増えてくれれば・・・。
これからは人と自然がもっと共存しなければ取り替えしのつかない環境になると不安でなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006/11/17

合成界面活性剤③

合成界面活性剤③

シェフです。
合成界面活性剤を使わずして油汚れを落とす方法の続き。
あまりにもガンコな油汚れには・・・。
④洗剤を作る。:500mlのペットボトルに粉せっけんをれんげ一杯とメタ珪酸(めたけいさん)ソーダをコーヒースプーン一杯、ぬるま湯を八分目まで入れてよく振る。(メタ珪酸ソーダが入手困難であれば、炭酸ソーダでOK。セスキと同じアルカリ性で、セスキ→炭酸→メタ珪酸とpHが高くなる。)
たったこれだけで、凄い洗浄力を発揮します。しかも市販の合成界面活性剤の入った洗剤を購入するよりも、はるかに安く作れます。
好みにより水分量を調節し、固まるのであればそのつど振ります。
この洗剤であれば、一日で自然に分解されるそうです。
「自分で作って安い」となると正直「大丈夫かな?」と不安になりますが、
実際大手メーカーが研究開発費、人件費、宣伝費・・・。いろいろかかります。それに合成界面活性剤は粉せっけんよりも、かなり安価に作れるそうです。
和伊菜では一年程前から使用してますが、
スタッフの手荒れが無くなりました。
身体に優しいことは環境にも優しいんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

合成界面活性剤②

合成界面活性剤②

シェフです。
前回に引き続き、合成界面活性剤を使わずして油汚れを落とす方法、和伊菜編。
③皿やプラスチック容器などは「セスキ炭酸ソーダ」を使います。:「アルカリウォッシュ」や「セスキ洗浄」という名前で\525〜\840ぐらいで購入出来ます。
これは重曹と炭酸の中間で、よく入浴剤に使われます。
このセスキ炭酸ソーダを霧吹きの容器に2〜5㌘入れ、水を200ml入れれば出来上がり。
油汚れにシュッシュッすると油が浮かび上がり、後はすすぐだけ。
店内の汚れもかなり落としてくれます。
洗剤を使用せずして威力を発揮するからいいですね。
さらにガンコな油汚れは・・・。また次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

合成界面活性剤①

合成界面活性剤①

シェフです。
身体に優しいイタリアごはん和伊菜ですが、地球・環境にも優しくありたいと常に考えています。

『合成界面活性剤』って何だろう?と思い、いろいろ調べてみたら、
洗濯洗剤や台所用洗剤、シャンプーなどいろんな洗剤や日用品の中に入っていました。
そして、それが皮膚、頭皮から私たちの身体に影響し、かなり危険であることを知りました。
もっと詳しくお知りになりたい方は、「経皮毒」というタイトルの本がいくつかありますので読んでみられるとよく解ります。

では、キッチンで、合成界面活性剤を使わずに油汚れを落とすには・・・。

和伊菜ではこうしています。
①油汚れはゴムのヘラで取り除く。:水につける前に行うことにより、油を流さないようにし、環境にやさしい。
②フライパンは「タワシ」でじゅうぶん落ちる。:ヘラで油汚れを落とした後のフライパンや鍋は、「かめのこ(パーム)タワシ」が強い味方で、充分落ちます。

プラスチック容器等重度のものは次回に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/31

リサイクル②

リサイクル②

自称エコロジストのシェフです。

日本の食料自給率が先進国最低の

40%に落ち込んでいるのをご存知でしょうか?

なのに、コンビニの期限切れ食品廃棄、学校など施設、

結婚式場などレストラン、一般家庭等の食べ残しは

だいたい日本で毎日何人分くらいあると思いますか?

ナント 約四千万人分もあります。

毎日ですよ。

食べ残しだけでも無くなれば

年間千八百二十五億円(03年度)のごみ処理事業経費が節約出来るらしいです。

それに焼却処分が減ると、二酸化炭素も減り、環境汚染に歯止めがかかる。

・・・・・・・現在・和伊菜ではオープン当初と比べ約90%以上をリサイクルしています。

瓶、缶、ワインの空瓶、ダンボール、プラスチック資源、紙等を分別、

廃油は石鹸に生まれ変わりキッチンで活躍しています。

生ごみは処理機にかけて乾燥資源にして生産者のもとへ。

肥料となって畑にかえって行きます。

水道使用量も半分くらいに削減成功。

その他電気、ガス、ラップフィルムの使用量等、あらゆる面で

『エコロジーに貢献』

というより、個々の責任としてこれからも続けて行くつもりです。

やりだすと意外と楽しいんですよ。

地球に優しいイタリア料理店

「和伊菜」をこれからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧